相続の手続き

相続手続支援サービス

身近な人が亡くなった場合には、相続手続きをしなければなりません。
悲しみに暮れている中であることや、不慣れであること等を理由に、手続きが進まない方が多いのが現状です。
当相談所では、お客様に寄り添う形での相続手続支援サービスを提供しております。

相続手続きは、「遺言がある場合」と「遺言がない場合」とで大きく異なりますが、共通して必要となってくるのが戸籍の取得です。
本籍地が遠くないところであれば、自身で収集するのも容易かと思われますが、他の都道府県になると郵送等でやりとりをすることになるため、慣れない作業に大きな手間がかかると思われます。
そのようなお客様に対しては、戸籍を収集するための専門家をご紹介させていただきます。
そして、収集された戸籍等をもとに、まず「相続関係の確定」をします。

また、遺言で財産を承継する人が定まっている場合等を除き、遺産分割に関する話し合いをしなければなりません。
この話し合いをするために、金融機関の残高証明書や固定資産税関係の資料等から「財産状況の確認」をし、一覧表を作成します。

遺言により財産を承継する人が定まっている場合等のほか、遺産分割に関する話し合いがまとまった場合には、それぞれの財産について、相続手続きを行います。
金融機関の預貯金等であれば各金融機関での手続きとなり、不動産の名義変更であれば法務局での手続きとなります。
時間と知識がある方なら、それほどの苦労はないと思いますが、そうでない方が大半です。

当相談所では、これら一連の相続手続きを円滑に行うため、専門家との連携によりお客様をご支援し
ます。

サービス料金

金50万円(税抜)から
※ 財産額、相続人の状況等により計算します。
※ 財産額が一定額以下、相続人も少ない場合等は、簡易サービスもあります。
※ 各種証明書等の実費、不動産登記や税務申告等の費用は別途お客様のご負担となります。

詳細はお気軽にお問い合わせください。